ビギナー視線からみたマカハでのレッスン

今回は,先月マカハ・バレーCCで楽園のプロゴルファー サム・大石さんに,
ブログ記者ミサコさんらと一緒にレッスンを受けたRieに,超ビギナーの視線からみた
レッスンやコースの印象を語ってもらいます.

ホノルルでカトウゴルフの日本語専用ダイヤル 808-947-3010 に電話した時,
もしも明るく元気な女性の声がかえってきたら,その声の主はRieの可能性が一番高い
でしょう.なぜなら数人いる女性スタッフの中でRieのシフトが一番長いからです.

元気な声と親身な対応で,着任二年目から早くも数多くのリピーターのお客様に
名前と声を覚えられたRieは,電話受付だけでなく何でも仕事をこなす頑張り屋です.
でも,本格的にゴルフを習い始めたのは実はごく最近で,マネージャ Yのひと言が
きっかけでした.このマカハヴァレーCCでのコースレッスンの前には,
練習場で楽園のプロゴルファー サム・大石さんの猛特訓を数回受けて臨んでいます.
IMG_1952b


初めてのコースレッスンは,どうでしたか?
Rie「サム先生のレッスンは一打たりとも気を抜けませんし,
ビギナーは人より多く打ち,その分たくさん動くので,普段から体力作りや姿勢にも
気をつけるよう言われて気をつけていたのですが,途中で疲れてしまいました.
後ろの組を待たせてしまったこともあり,コース半分でリタイヤしてしまいましたが,
マナーとしてペースを守ること,特にグリーン上ではそれが重要だということも,
おかげで学べました.」

マカハでのレッスンの成果は,その後の練習に出ましたか?
Rie「平らな練習場でコンスタントに打てなければ,打つ位置が平らでないコースは
難しいことを身をもって体験しましたが,マカハでのレッスンから数日後,
今度は練習場でボールがちゃんと当たるようになったんです?!! (笑)
なので嬉しくてうれしくて…今は次のゴルフレッスンが待ち遠しいですよ.」

何が効いたのでしょう?
Rie「サム先生はモデルになりやすいフォームで打つよう気を付けているそうで,
それを前に聞いていたものですから,初めて先生が打っているところを間近に見て
研究できたのが良かったのかも知れません.」

(聞き手コメント)
普段の仕事ぶりと同様に,なかなか優等生的な答えが返ってきました.
これなら楽園のプロゴルファー サム・大石さんも,教え甲斐がありそうです.

Rie「マカハに行った時のサム先生語録というのがあります.」
1.これは良いというナイスショットは一日で4?5回しかない。
コースではミスショットではなく、ナイスミスを増やすこと。
(たまたま良いところに行ったという結果)
2.誰でも満足というショットはなかなか出ない。
欲張らず今日はこれが良く出来たと自分の進歩を確かめる。

DSC02147b

話題を変えて,ゴルフ場の印象はどうでしたか?
Rie「マカハヴァレー・カントリークラブは周りに何もないので安心して打てました.
周囲に民家があるコースだと,どうしても緊張してしまいます.」

マカハヴァレーCCはハワイらしい雄大な景色が売り物のゴルフ場で,
日ごろは自分でもそのようにお客様に案内しているはずですが,
その景色を見ている余裕はありましたか?

Rie「正直言って,最初の#1のティーグランドと,ライダーに回ってからの
#17ホールは印象に残っています.でも,あとは打つ前はフォームのことで,
打った後はボールを追うのに夢中で夢中で...(笑)」

ゴルフ場のアップダウンは大変でした?
Rie「カートでフェアウェイの大半に入れますので,苦労は全くありませんでしたが,
#18にあるグリーンに向かう登り坂には,ちょっと唖然としてしまいましたね.」
R0016319b
R0016322b
(聞き手コメント) 写真では上手く表現できずスミマセン.

Rie「このコースに限った話ではありませんが,カートの運転には十分気をつけて
ほしいと思います.特にスピードを出し過ぎないように.」

お疲れさまでした.

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索