女性には全く優しくなかったレレフアGC

趣味はゴルフと食べること、ハワイ在住3年目のブログ記者ミサコです。
レレフア・ゴルフコースでのプレー印象、続編です。

でも実は、女性にとっては楽しくないコースなのです。
なぜなら、白ティーの全長が6521ヤード。それに対して、赤ティーは6174ヤードで、
その差350ヤード弱。
そして、4つのパー3は、135ヤードほどか、170ヤード超。
女性にとっては長く、グリーンをしっかり狙っていけない距離ですね。もっとも
女性のパーは75で、距離の長いパー4が女性にはパー5になっているホールもあります。
IMG_1812b

このように距離はそこそこにありますが(特に女性には全く優しくないです!)、
ラフの芝は全くきつくなく簡単にフェアウェーに戻せますし、スタイミーなし、
池なし・水なし、起伏なし。それで、そんなに難しくないのではないかと、
私ミサコの個人的意見では思いました。
IMG_1815


しかし、周囲の人に聞いてみるとレレファ評はかなり分かれ、
あんなチャレンジングなコースはない、という人もいましたし、
元ゴルフ場マネジャーのヒサコさんに言わせれば、
レレフアを好んで行く女性ゴルファーは、私の仲間では少ないよ、とのことでした。
ヒサコさん自身はレレフアGCが嫌いではないものの、
とにかく距離の長いコースなので、ティーショットがある程度は飛ばないと、
男女に関係なくパーがとりにくいコースだと思うそうです。

先日、友人夫婦からお礼のメールをいただきましたが、そのメール中でご主人が、
こんなことを書いてくれました。
「日本のゴルファーでは中々経験出来ないストレート&フラットなコースですね。
スライサーの私にはありがたい(笑)です。グリーンは微妙なアンジュレーションが
あるのか、パッティングのライン取りが難しかったけど面白かったですよ。
レギュラーティーとしてはまずまずの距離ですが、距離の短いホールも景色を変えたり
簡単に打たせてくれない設計。
女性のティーが限りなくレギュラーティーに近いのは、ちょっと可哀相な気が…。
ハワイは空気が乾燥してるので、打った時の音がとても気持ち良いです!
湿気の多い日本とは違いますね!」

そして、奥様(私の友人)からは、
「ブッシュとかがなく、二人とも珍しくボールをなくさなかった。
プレイしやすいコースでしたよ。それに初のパーが取れたし!」
と、楽しかったと語ってくれました。

プレーを終え、軽いランチを兼ねて
ホノルル方面へ帰る途中にあるミリラニ・タウンセンターのChili’s Grill & Barへ。
IMG_1821
このお店は、全米各地にチェーン展開しているレストランで、
オアフ島内にも6店舗あります。
アメリカでは最も典型的なメニューのスープ、サラダ、サンドイッチやハンバーガー類
から、TexMex(テキサス流メキシコ料理といいましょうか)も取り入れていて、
タコスやファヒータなどのメニューが揃っています。

私達は、運転手以外はコナの地ビール Longboard Lager を注文し、
おつまみ兼ランチには、チップス&サルサ、ステーキのケサディーヤ(トルティーヤの
間にチーズ、ハラペーニョ、グリルド・オニオン、ステーキをはさんで焼いたもの)、
看板料理のBig Mouth Bite という小さなハンバーガーを注文しました。

ハンバーガーは、友人のご主人のご希望で、どうやら美味しかったらしく、
一つ食べた後、私の半分を差し上げたら、喜んで食べてました。
友人夫婦は、メキシカンはたまに食べるようですが、ケサディーヤは初めてだった
ようです。ケサディーヤの中は、グリルド・オニオンとチーズ、ステーキが入ってて、
添えられてきたサワークリームとサルサをつけて食べるとおいしいね、
とお肉好きの友人のご主人は大満足してました。
IMG_1823b IMG_1824b

奥様のほうも、アメリカンな雰囲気の中、私と一緒にLongboardの生を飲みながら、
アメリカ流おつまみに舌鼓を打ってました。

久々に友人にも会え、一緒に楽しくゴルフもし、とても素敵な週末を過ごすことが
できました。友人夫婦も、日本のゴルフとは違う、ハワイでのゴルフ・ライフを満喫
してもらえ、ホスト役の私としては大変嬉しい限りです。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索