立石さんの「最高に嬉しい」瞬間とは..

ハワイの旅行業界で、「おやじ」とまで言われた存在の立石さんですが、
そこまで呼ばれるようになったのは、ドライバー兼ガイドとして新鮮な話題を提供し、
相手をひきつける話術に長けていたからだけでは、ありません。

数十分お話を伺っただけで、とにかく人の世話を焼くのが好きな人だということが、
伝わってきました。

ゴルフ場にまつわる話でも、今回おじゃましたエバビーチ・ゴルフクラブでは、
プロショップのスタッフやスターターはもちろん、レストランのウェイトレスにまで、
ハグして挨拶されるほど慕われていました。


この他にもパールカントリークラブや、最近はアラワイのゴルフ場でも人気者とか。
それは、パールCCではチャリティーゴルフを自ら開催したからに他なりませんし、
アラワイGCではゴルフ場のスタッフ交流トーナメントで賞品を提供するスポンサーに
なっているからだそうです。

なぜ? と尋ねると「人を集めて賑やかにやるのが好きだから。」ただそれだけです。

そして、この仕事への情熱を次のように語ります。
「旅行業は、いろいろな人と知り合いになれる。友達になれる。
日本にいたら友達になれない人でも、ハワイでは友人になれる。
だから、この仕事が大好き。」

何が嬉しいかって、お客様が「私のガイドで最高に楽しかった!!!!」と最後に言って
くれる瞬間。それが「最高に嬉しい」とも、話されていました。
これ、カトウゴルフのマネージャ Yと一緒です。

IMG_0178

ヤマトエンタープライズの会長時代、立石さんが従業員にいつも言っていたのは、
「サービスとは、目に見えないものをあげて、喜んでもらうもの。
カッコイイものを作って売れば、お客様が喜ぶのは決まっている。
見えない値打ち。これが一番大事。」
だったそうです。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索