落ち着いた雰囲気のミリラニGCで癒される

東京からお越しのレポーターAさんが紹介したミリラニ・ゴルフクラブは、実はカトウゴルフのマネージャーY のお気に入りコースの一つでもあります。

その理由として、
マネージャーY 「比較的スコアがまとまりやすく、ゴルフ場全体が落ち着いた雰囲気だから」とか。

落ち着くといっても人それぞれかもしれません。突っ込んでみると、
マネージャーY 「南の島とは思えないほど穏やかな気候、例えば突風が吹くこともなく、樹木のおかげか日差しも控えめといったことからもたらされるのだと思います。」
R0010266
(Aさん撮影)


それに加えて、
マネージャーY 「すらりと伸びたノーフォーク杉が多いこと。」
R0010263
(Aさん撮影)

ノーフォーク杉とは、英語ではNorfolk Island pineとかAraucaria heterophylla,日本語ではノーフォーク・マツとかパインツリーとも呼ばれている針葉樹です。
ハワイでノーフォーク杉(ノーフォーク・マツ)と言えば、ラナイ島に多く植えられていて、マネレベイ・ホテルのエントランスが有名ですし、マウイ島カパルアのプランテーションコースにあるのもまた印象的です。

というわけで高原リゾートの象徴? とも言えるノーフォーク杉が、ミリラニGCには多いのです。

マネージャーY 「逆に他のコースが、やっきになってお金をかけ植えているヤシの木が少ないんです。」
でもそれは、悪く言えばハワイらしさが少ないということでは?

マネージャーY 「そうですね。でも真っ青な海とかヤシの木などが醸し出す南国ムードから開放されて、ひと時だけでも癒される感じがするんです。」
いつもいつもヤシの木だとか海が見えるリゾート地が身近な存在だと、贅沢な話と思われるかもしれませんが、ちょっと息を抜きたくなるという気持ちも判らないことはありません。
マネージャーY 「閑静な住宅地の中にありながら、いい森林浴をした気にもなりますよ。」

その昔プレイされた人にひと言あるそうですが。
マネージャーY 「以前までは赤土が多く、それでここを嫌う人もいましたが、今では改善されて、バンカーも白いシリカに入替えたので見違えるようになりました。」
R0010289
(Aさん撮影)

ゴルフコースそのものより海が見えるなどといった景観やムードを重視するタイプの「ハワイのゴルフ」初心者とか、ハワイで初ゴルフという人たちには、ミリラニ・ゴルフクラブはあまり向かないのかもしれません。

むしろ、ハワイでゴルフは何度もプレイしているとか、滞在中に何回かプレイ予定があり、そのうちの一回はいつもの南の島のイメージからちょっと離れて少し趣を変えてみたいとか、落ち着いてプレイしてベストスコアを狙ってみたい、というような人にミリラニ・ゴルフクラブは最適かもしれませんね。

マネージャーY 「ホームシックという訳ではないのですが、たとえば皆さんもハワイにお越しになってから、日本に居る時のような食事、単に和食というだけではなく、焼肉やラーメンといった日ごろ召し上がっている食べ物が無性に恋しくなることがあるでしょう?
私がミリラニ・ゴルフクラブに行きたくなるのは、それに近い感覚だと思います。」

そう言えば、ここのレストランでプレイ後に皆でつつく焼肉は最高だそうで。
マネージャーY 「それもミリラニGCを気に入っている理由の一つですよ。」(笑)

最後に遅くなってしまいましたが,楽しい話と写真を提供してくださったレポーターAさん、ありがとうございます。今回も画像を使いました。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索