AさんのミリラニGCレポート(4)

ミリラニGCを印象付けるのが,空に向かってすっと伸びるノーフォーク・パイン(ノーフォーク杉)(Norfolk Pine)です。
R0010226
(14番 393-Y par-4)

スケールは違いますが、ハワイ時間1/11まで行われていたPGAゴルフツアー第一戦、メルセデス・ベンツ・チャンピオンシップ(Mercedes-Benz Championship golf tournament)の舞台、マウイ島カパルアのプランテーションコース(The Plantation Course at Kapalua)でも、同じようなノーフォーク・パインの木々がテレビ中継の画面から見られましたよね。(日本でも放送されたと思います)
Gnarly green
(Maui – December ’06 by losborne より)

今回のレポーターAさんによるミリラニ・ゴルフクラブでのプレイ体験シリーズ続編は、バック・ナインの終わりまでです。


//////////// ここからレポーターAさんの記事です ////////////

15番 381-Y par-4
やや左ドッグレッグのミドル、右側に池があります。
なんとこの池にはフロッグメンが!
底にたまったボールを回収していました。
「オレの仕事増やすなよぉ?! 」
R0010232R0010231

16番 172-Y par-3
見晴らし抜群、得意のクラブでOne Onと行きましょう。左側バンカーのみ注意です。
Aさん:6番Iで手前からNice On
Mさん:5番IでグリーンにOne したものの僅かにオーバー
R0010235

17番 472-Y par-5
左に軽くドッグレッグして行くロングです。バーディを狙いましょう。
ドライバーの落とし所はセンターやや右
バニューダ芝のラフが少し広いので注意です。
R0010237

18番 フロント9最終
グリーンサイドにシリカサンドがキラキラ光り呼び込むように構えています。
HC4の難しい418-Y par-4
R0010248

シリカサンドのバンカー(15番)
R0010233

この日はバック9からスタートしたので、この後はいよいよフロント9に入りますが、ここでちょっと腹ごしらえです。
今までであれば「スパムむすび」とくるところですが、今日は特別にカトウゴルフのマネージャーY が用意してくれた、バックナイン・バー(10th Tee Back Nine Golf Energy Bar)。
前半に消耗したエネルギーの補給とホールアウトまでの持続に向けた、オバマ次期大統領も買って食べた? という、ウワサのサプリメント・スナックです。

Mさん:「チョコ・ピーナッツ風味、うん美味い、これを食べて残るハーフも好調を維持するぞぉ」
Aさん:「結構おいしいですこれ! 雷おこし大好きなんです」 ちがう、違う(笑)
R0010250R0010252

//////////// レポーターAさんの記事、今回はここまで ////////////

池さらいに出てきた「フロッグメン」というのは何のことかよく判りませんが、Aさんご本人からコメントでもいただけるとありがたいですね。

次回は、フロント・ナインの予定です。

0 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索