AさんのミリラニGCレポート(1)

ミリラニ・ゴルフクラブでプレイされたツアー参加者が、スタッフK に成りきった文章を書いてカトウゴルフに送ってくださったので、そちらをシリーズで紹介したいと思います。

執筆された東京からお越しのレポーターAさんは、実は「米国流ゴルフ専用サプリ、甘さはほどほど?」でも試食された印象と写真を提供してくださっています。
ということで、実際のプレイは2008年11月でした。

//////////// ここからレポーターAさんの記事です ////////////

今回紹介する、ミリラニゴルフコースは、東京からのお客様で、典型的なアベレージゴルファーを自認するAさんご夫妻、Mさんご夫妻にご協力いただき同行取材をさせていただきました。
R0010181bR0010180

Mさんの奥様はゴルフをなさらないので、当日はお買いものと決め込んでいたらしいのですが、マネージャーY の「ご興味がおありであればゴルフコースを一緒に回ることもできますよ!」との一言で興味深々、日本のゴルフ場には無い「ライダー」・・つまりカートの「運転手」役として一緒にラウンドすることになりました。このはじめてのライダーラウンドでの傑作集は後日談で・・・。

さて、ここミリラニはワイキキから北西に約40km、(車で約40分程度)の手頃な距離の丘陵地に広がる閑静な住宅地ミリラニタウンの西側に位置する林間コースです。


ハワイのゴルフ場の定番でもあるヤシの木は比較的少なく、背の高いノーフォーク杉やユーカリ等沢山の樹木に囲まれています。しかしコースはフラットでフェアウェイも広々としており、まるで高原リゾートのよう。オアフ島の中でも涼しく気持ちの良い気候の場所です。またかつては、若手プロの登竜門とされるPGAレインボーオープンが開催されたコースでもありました。
R0010282b

コースのロゴマークは「オハイ・アリイ」をモチーフしたもの。
R0010184b
この花びらは赤に黄色の縁取りがついたものと黄色のものがあるようです。リボンレイなどに使われハワイ語で「王族の木」、実際のコース内もいたるところに咲いており、野生のハイビスカスと相まって華やかな雰囲気を醸し出しています。

4番ホールからは、視界が良ければダイヤモンドヘッドが見えることも。
R0010269b

Aさん、Mさんに、このコースを選らばれた理由をお聞きしたところ「一昨日は、海風とパームツリーのシーサイドコースでプレーしましたが、ハワイの高原リゾート風コースも一興ではないかな?しかも広くてフラットは好スコアーにつながるかも・・・。それからレストランのステーキがとっても美味しいと聞いているんですが?」とのご返事でした。

//////////// レポーターAさんの記事、今回はここまで ////////////

ミリラニ・ゴルフクラブ
P7170089b
カトウゴルフのライブラリーから。(2002年7月撮影)

まだまだ続きがあります。次回に。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索