シークレットサービスは二度目のルアナヒルズCC

オバマ次期大統領が、大統領選の最中の今年8月に休暇で訪れたハワイでプレイした二つ目のゴルフ場は、ルアナヒルズ・カントリークラブでした。
LuanaHills_09
(ルアナヒルズ・カントリークラブ提供)

オバマ次期大統領と年齢が一つ違いという、ゴルフ場のマネージャーのスミモト(Darin Sumimoto)さん。
IMG_0206bLHO1b

スミモト・マネージャー「とってもエキサイティングしました。」
オロマナ・ゴルフリンクスの時と同様に、プナホウ・スクール時代のロコの友人から電話で、オバマ氏がルアナヒルズCCでプレイしたいと連絡してきたそうです。電話を受けたスミモト・マネージャーは、その時の興奮を思い出しながら、話をしてくれました。


あわてて大掃除しました? との問いに、
スミモト・マネージャー「何も変えずいました。私達は、毎日大統領が来てもいいようにベストのサービスをしていますから。」
笑顔で自信たっぷりに答えていたのが、とても印象的です。
大統領が毎日来ても…とは、かなりオーバーな話と思われたかもしれませんが、実はスミモト・マネージャーは、1996年に再選を果たした直後のクリントン大統領を、このルアナヒルズ・カントリークラブでお迎えしたことがあったのです。

IMG_0136
クリントン大統領のプレイを記念して植えられたトラベラーズパーム。

1996年の時は、シークレットサービス(USSS)が30人位に、取材陣まで含めると総勢60人ぐらいの人達が来たのだとか。
政府要人を守るシークレットサービスは、屋根の上からハイキング・トレイルまで、いたるところを監視したそうです。そうしたら、たまたまハイキング・トレイルで猪狩りをしていたロコの人が発見され、猟銃を携帯していたため即座に連れ出されていましたと、当時のエピソードを交えながらスミモト・マネージャーは話を続けます。
スミモト・マネージャー「この時のクリントン氏は現職の大統領でしたから、まさにムービースターのような雰囲気でした。」

12年後、オバマ氏が選挙運動中にロコの友人らとゴルフを楽しんだ時は、当選の可能性がある大統領候補者ということで,慣習通りにシークレットサービスが派遣されていて、特にオバマ氏のケースでは、当選前から現職の大統領並みの警護体制がとられていたという話もありますが、その人数は6名だったそうです。

スミモト・マネージャー「クリントン大統領の時のシークレットサービスは、大統領には誰も近寄らせないようにしていたけれど、オバマ氏についたシークレットサービスは物腰が柔らかで、私達と10分ぐらい雑談する余裕もありましたね。」

でも、そのシークレットサービスの人は、オバマ氏が当選すれば、大勢の人を連れてくることになるので、次に来る時は今回とは随分違う雰囲気になりますよと、話していたそうです。
次回が実現するのかどうか、現時点では不明ですが、オバマ次期大統領は投票日前日に亡くなった祖母をしのぶため、大統領就任前の12月中にもハワイ再訪を計画していると伝えられています。

LuanaHills_02
(ルアナヒルズ・カントリークラブ提供)

次も、ロコとメインランドからの友人とあわせて7人でプレイしたオバマ次期大統領の話を、ルアナヒルズ・カントリークラブのスミモト・マネージャーにお尋ねします。

0 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索