ハワイのゴルフ豆知識,グリーンの芝目

ハワイのゴルフで、スコアメイクに欠かせない豆知識の紹介。今回は、グリーンの芝目に関してです。
R0015303b
(グリーン上の攻防イメージ)

ハワイのゴルフ場のグリーンの芝には、暖地向けのバミューダが使われるほか、一部ではパスパラムも使われています。
日本のゴルフ場では、最近はベント芝が主流になって、グリーンの芝目がそれほどきつくないと聞きましたが、バミューダ芝は、ベントと比べて強いこともあり、芝目がきついコースもあるなど、日本とは少々事情が異なってきます。


ベテランのかたは、芝目のきつい日本のコウライ芝で苦しんだ経験をお持ちで対応できるかもしれませんが、最近ゴルフを始めてベント芝だけでプレイされている人たちにとっては、ハワイの特に海に近いゴルフコースのグリーンの芝目は、少々手ごわいものかもしれませんよ。

そこで、芝目を簡単に見極める方法と、一般的な傾向を、カトウゴルフのマネージャーY に聞いてみました。

マネージャーY 「バミューダ特有の現象として、芝は東から西に向かって順目になっているものと、まず覚えてください。」

よく、海に向かって切れるという話を聞きますが、どうなんでしょう?
IMG_0336b
この日のために、はりきって海に近いコースまで出かけてきたのですけど…。
ここは空軍基地内にあるゴルフ場のため、残念ながら観光客はプレーできませんが、雰囲気は抜群です。

マネージャーY 「確かに、ゴルフ場によっては海に向かって順目になるところもあります。でもそれは、ちょうど西の方角に海があったり、実は芝目ではなく、海に向かった目に見えないほどの傾斜があるなどで、錯覚している可能性があります。」

なるほど、実際に東に切れるグリーンがあったとしても、それは芝目以外の要因が作用したのかもしれませんね。
あと、池など水辺に向かって葉が傾き、水に向かって順目になるという説もあるようですが?
マネージャーY 「植物学者ではないので詳しくは判りませんが、バミューダの葉は、太陽の沈む方角や、水辺に向かって伸びる傾向があるそうです。池に向かって順目になっても、不思議ではありませんね。」

海に近いコースほど芝目がきついという説は、どうでしょう?
マネージャーY 「そう言われてみると、そんな気もしてきますが、これは風の影響かなぁ。これは期限なしの宿題にしてください。(笑)」
芝の種類でも何か差があるでしょうか?
マネージャーY 「ありますね。一部のゴルフ場で使用しているパスパラムは、まっすぐ伸びる傾向があるため、芝目は出来にくいです。」

パスパラムをグリーンに採用しているゴルフ場は、オアフ島では次の通りです。
エバビーチ・ゴルフクラブ
カポレイ・ゴルフコース
コーラル・クリーク・ゴルフコース
タートルベイ アーノルド・パーマー・コース

マネージャーY 「これらのコースでは、極端な話ですが、グリーンでは傾斜だけ注意していればいいかもしれません。」
IMG_0573b
(カポレイGCのグリーンのイメージ)

最後に、グリーンがバミューダ芝のコースで、芝目を見極める方法を教えてください。
マネージャーY 「簡単なのは、カップのふちを見ることです。カップの縁に茶色い部分や、縁が少し崩れているところがあったとしたら、カップの中心からその縁の方向に向かって、グリーン全体が切れています。」
IMG_0699b
この画像では、画面上のカップのふちが少し茶色く崩れていますので、画面下から上に向かって順目ということですね。
ただし、カットしたてのカップ(穴)には現れないそうで、この簡単な見極め方法は使えません。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索