ハワイのゴルフ、ツーサムで回るには(2)

前回は、初心者でも容易に楽しめるコースを中心に、予約時に二人だけでラウンドできることを確約してくれるところが、最近増えてきているという話をしました。

しかし、ハワイのゴルフなので、どうせなら少し背伸びして、日本では挑戦できないようなゴルフ場で思い切りプレイしてみたい、それには相手に迷惑をかけたくないので、二人だけで回らせて欲しいという要望もあります。
DSCN1987b


また、二人のうちの一人は初心者だけど、せっかくハワイでゴルフするのだから、どうしても憧れのトーナメントコースでプレイしたい。そこで、ぜひツーサムで回りたいという要望もあります。

こういった場合は、どうなるでしょう。マネージャーY に聞いてみました.
「ゴルフ場が空いている時なら、予約時に頼み込んでおくことで、何とかなるかもしれませんが、あくまでも希望ということで、2サムプレーを事前に保証するところとは異なり、ゴルフ場は約束しません。当日の状況次第では、誰かと組まなければならないこともあります。」

それじゃ、空いている時を狙えば、何とかなりそうですね。
マネージャーY 「いつが空いているかというのも問題です。冬場のオンシーズンは、平日でも混雑しますし、午後からなら観光客が減る分、空いていると思われていますが、ロコ(地元)のプレーヤーが出てきますので、一概には言えないのです。」

「それに、予約の時に空いていても、当日になったら混雑していた、といった経験もあるでしょう?」
確かに。ゴルフの話ではありませんが、飛行機に乗る時に、事前に座席指定したときには周囲に誰もいない状態でも、いざ搭乗してみたら満席だったということもありますからね。

マネージャーY 「混雑している時は、ゴルフ場でもゴルフツアー会社でも、四人入るところに二人しか入れないということは、よほどのことがない限り、そうそう出来るものではありません。一人でも多く予約を取りたいということもありますが、詰めれば何とかなるのに、『いっぱいです』と断るのはつらいですから。」

繁盛しているレストランで二人連れが、四人掛けのテーブルに座りたいと頼んでも、簡単にはいかないのと同じですね。
カトウゴルフを任されて十年以上になるマネージャーY のことです、何か裏技はお持ちでないでしょうか?

マネージャーY 「今のレストランのたとえは、一つのヒントになりますね。そういう時は、どうしてますか? 」
そういう時は、ダメ元でチップを渡して頼み込んでいます。これがゴルフ場でも有効なのでしょうか? 誰に渡せばいいのでしょう?

マネージャーY 「必ずしも有効とは限りませんが、いよいよの時は、スターターとかカート・アテンダントです。」
「でも、注意してくださいね。誰でもチップを渡せば思い通りになるわけではありませんし、逆効果のケースもあります。一般的に言葉だけで頼み込むよりは確率が上がる、という程度に受け取ってください。」

その時の状況によりますね?
マネージャーY 「もちろんです。どんなにチップを弾んでも、四人分のプレー料金を払わなければダメということもありますし、ゴルフ場の中にはプロショップの権限が強く、現場のスターターをうまく抱き込んでも、意味がないところもあります。」

そのあたりの状況判断は、経験を積むしかなさそうですね。
マネージャーY 「カトウゴルフの送迎ゴルフツアーでは、送迎ドライバーに相談してみるといいかもしれません。」

可能かどうか事前には判りませんが、運が良ければ、下記のようなコースでも、二人だけで回れるかもしれませんね。

コオリナ・ゴルフクラブにて
IMG_0653

ロイヤル・クニア・カントリークラブにて
DSCN1978b

マネージャーY 「最初は、どうしてもツーサムで回りたいと言っていた二人でも、最初の数ホールを回っただけで組んだ相手と打ち解けて、最後には四人友達みたいになって上がってくるのが実情です。」

希望しながらも運悪く他の人と組んだとしても、それを逆手に楽しむぐらいの気持ちの余裕があると良いのかも知れませんね。
期待に反することが、のちのち良い思い出になることもあるのが旅行ですから。

次回も、この話題を続けようと思います。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索