カポレイGCでコンペ手伝い(3) スコア集計編

カトウゴルフがお手伝いした、ハワイのカポレイ・ゴルフコースで行われたゴルフコンペは、全員がハーフを終えて、バックナイン(インコース)に入っていきましたが、息つくまもなく、今度は最初の組がホールアウトして戻ってきます。
IMG_1184b

そこで再び、コンペ参加者全員のスタートを一番ホールで見送った、カトウゴルフのマネージャーY の出番です。
今度の仕事は,スコアの計算と集計です。

今回のコンペでは、ダブルペリア方式(新ペリア方式)が採用されています。ご承知のかたも多いと思いますが、プレイヤーには知らされていない12ホール(フロントとバックで各6ホールずつ)の打数で、ハンディキャップを算出するというものです。
IMG_1188


日本では、一部のゴルフ場がコンピュータを導入して、公平を期すためとは言え多少厄介な、このスコア集計を自動化しているそうですが、ハワイのゴルフ場にはありません。昔ながらのペンと紙、それに電卓での手作業です。

もっとも最近では、スコア集計用ソフトがインストールされたパソコンが用意されることもあり、一応バックアップで今回も持ち込まれましたが、マネージャーY は、暗算と電卓を駆使して、全て手作業で行うのを得意としていたのでした。
IMG_1172
右に見えるパソコンは、もっぱら算出されたスコアを入力して、印刷するだけに使われました。

スコアカードは、各組毎に担当者が決められ、プレイ終了後に全員のスコアーをチェックし、提出することになっています。
マネージャーY 「今日は暑かったこともあるのでしょうか、計算ミスや誤記入が目立ちましたが、手書きに暗算というローテクだと、ハイテクではなかなか見つからない間違いが、意外にすぐ発見できるのです。」

実際にスコア計算の途中で、マネージャーY が「こんなNetスコアーになるはずないから、もう一度プレーヤーと確認して…」と言うので、旅行会社の添乗員さんがプレーヤーに確認したところ、その組の担当者が、スコアを間違って記入していたことが判明したということもありましたよ。これには、居合わせた旅行会社の添乗員さんや、カポレイGCの社長さんまでもが、目を丸くしてビックリしていたほどです。

そしてスコアが集計されている間、コンペ参加者はクラブハウス内にあるコンペルームで、ビールを飲みながら寛ぎ、全員がホールアウトしてから間もなく成績が発表されると、旅行会社の添乗員さんが司会を務める表彰式と、相成りました。

後半は、はしょってしまいましたが、表彰式の後は、来たときの車でコンペ参加者はワイキキのホテルに戻り、これでこの日のゴルフコンペは無事に終了です。

最後にマネージャーY
「コンペの予約を入れたり、送り迎えするだけなら、どのツアー会社でも出来ることでしょうけど、まぁ自分の好きなことの延長なので、自慢げに言うのも気が引けるところですが、スタート前にコースの攻略法を簡単に判りやすく説明したり、素早く正確なスコア集計までカバーしているのは、われわれだけだと自負しています。」

最後は宣伝調になりましたが、スタート前にマネージャーY が説明する、ハワイのゴルフ場でスコアメイクのために気をつけたいことなどは、機会を改めて紹介する予定です。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索