リムジンドライバー「マイケル」(2)

今日は、ツアー参加客四名全員がゴルフクラブをレンタルするため、コオリナ・ゴルフクラブの正面玄関でリムジンを降ります。彼らが一服している間に、マイケルはリムジンを駐車場に入れてきました。
IMG_0204IMG_0209


一服と言えば、エントランスの通路の下に灰皿がありました。
ご存知のように、ハワイでは禁煙法が2006年11月16日より施行され、喫煙できる場所は、公共の建物の出入り口から20フィート(6m)離れている必要があるため、どこもかなり端に追いやれている気がしていますが、ここでは、とてもわかりやすいところにあります。送迎車内も禁煙ですので、ホテルの部屋を出てから我慢してきた喫煙者にとっては、ここでフーっと一息つけそうですよ。でも、人が通り抜ける場所ですので、マナーはお忘れなくね。

マイケルがリムジンを駐車場に置いて戻ってくると、まずツアー代金の精算があり、その後はツアー参加客をお連れして、プロショップへ向かいます。マイケルがここでチェックインしている間に、ツアーの皆さんは、帰りのお土産を見たり、トイレに行ったりしていました。
チェックインでプロショップから二枚つづりのレシートを受け取ったマイケルは、次にスターターに足を運びますが、その前にスターターの場所をツアーの皆さんに伝えておきます。マイケルを見失っても不安にならないよう、あらかじめ次の行動を話しておくのです。
IMG_0224

スターターのところでは、二枚つづりのレシートのうち、マイケルは一枚だけスターターに渡し、カートとレンタルクラブの確認をします。今日のプレーヤー四名は全員男性右利きですが、お一人だけパターが左利きというリクエストが申込みの際にあったので、それを再確認しました。
IMG_0229b

以前も紹介しているように、スターターの前にずらりと並んだコオリナ・ゴルフクラブのカートには、カートごとにスタートの時間が貼ってありますので、どれが自分たちのカートか、時刻で一目瞭然のため、すごくわかりやすいです。

そのカートを指差して、「はい、これが皆さんのカートですよ、、」で終わってしまうツアーガイドが多いなかで、ツアー参加のプレーヤーの皆さんが、少しでもスムーズに、そしてハッピーにプレイできるようにと、いつも願っているマイケルのここでの仕事は、予約したスタート時間の示されているカートに、きちんと指定通りのレンタルクラブがセットされているか、Ko Olina G.C.で用意しているボトルの水が一人一本ずつあるか、袋詰めのティーやカップなどのギブアウェイ類があるかなどを、一つずつ確認していくことでした。
IMG_0245

そして、これらが一通り揃っていることが確認できると、今度はカートに用意されている乾いたタオルを濡らし、すぐ手ぬぐいに使えるようにカートにセットします。

今日は少し余裕でスタートまで少し時間がありましたので、皆さんはパター練習場でウォームアップしていました。
IMG_0262
その間もマイケルは、再度スタート時間をスターターに確認し、今日は6分ぐらい早く出て欲しいとのことでしたので、頃合を見計らってパター練習場まで、その旨をツアー参加者に告げに行きます。

マネージャー・トシから一言:

コオリナ・ゴルフクラブでは、他のコースから比べると、それほど時間は動きませんが、それでも時々スタート時間が前後することもありますので、プレー前は時間の余裕を持っていたほうがいいですね。

時間が迫ってくると、スターターのスタッフがカートの鍵と承諾書(ゴルフカートとレンタルクラブの使用条件の承諾書)を持ってきて、プレーヤーはこれにサインをします。この時スターターは、カート備え付けのGPS画面を、日本語用にセットしてくれました。
IMG_0266

マイケルは、ツアー参加客がスタートする1番ティーのところまで行き、スタートの様子を見届けます。スターターはGPS画面をセットしていきましたが、これをどうやって見るのか、どう操作するのか、慣れないようでしたので、マイケルが説明していました。
IMG_0271IMG_0272b

マイケルのようなリムジンのドライバーは、カトウゴルフの送迎ドライバーのように、一日二回転する(社内用語で、一日に朝と昼の二回ゴルフツアーを担当する)ことは滅多にありませんが、他の仕事を入れて途中ゴルフ場を一時期離れることもあります。それでも、前もって時間を上手く調節していますので、ツアーの皆さんが全員スタートするのを、できるだけ見届けるようにしているのでした。
IMG_0289b

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索