送迎ドライバー菅谷の一日: ホテルお迎え編

前回は、ツアー当日朝の準備のところまででした。今回は、お客様が待つホテルでの話です。
ホテルにツアーデスクを持たないカトウゴルフでは、予約済みのお客様でも、ハワイに到着されてホテルにチェックインされましたら、最終確認のため、日本語で対応する専用電話へのお電話をお願いしています。そこで電話オペレーターは、ツアー当日のお迎え時刻と場所の最終確認と、明日はバンになりますなど車種もできるだけ伝えて、ツアーデスクの代わりを務めています。こうして、一度も会ったことのない者同士を引き合わせる段取りをつけておきますが、送迎ドライバーも、当日は予約されたレンタルクラブの有無や男女別などから見当をつけて、ゴルフに行きそうな人たちに声をかけたり、お客様のお名前を呼んで、お迎えの待ち合わせが迅速に運ぶように心がけています。
IMG_0170b


【ヒルトンハワイアンビレッジ】
この日最初のお迎えは、ヒルトンハワイアンビレッジでした。ここでは、ホテルのフロントデスクは奥のほうにあって、車は正面の玄関まで入ることがきますが、ゴルフに限らずオプショナルツアーの場合には、タパタワーのツアーバスのりばに集合場所が限定されています。そのため、ヒルトンハワイアンビレッジでは、どのタワーに泊まっていても、オプショナルツアーのお迎えには、お客様にタパタワーまでお越しいただいています。
そこでは、一度に数台が横並びに駐車できますが、それが埋まっている時は後ろで待機しなければなりません。この日着いた時も、全スペースがふさがっていましたが、一分もしないうちに空いて駐車できました。菅谷は車を出て、お客様を探し始めます。最初のお客様は、ご夫婦でいらっしゃいました。
IMG_0226

【シェラトンワイキキホテル】
次はシェラトンワイキキホテルです。カトウゴルフツアーでは、シェラトンワイキキのお迎え場所を、いつも正面玄関のホノルルコーヒーのスタンドところに決めています。
IMG_0236
2008年8月現在、改装工事の影響でコーヒースタンド(Honolulu Coffee Company)が、一時閉鎖している関係で、お迎え場所は「ロビーを出てきて左手のベンチ」にしています。
ここからの3名様は、昨日もゴルフツアーに参加されていたので、お客様のほうから声をかけてくださいました。「カトウゴルフツアー」と日本語で車体に記されているバンやミニバスの場合、お客様のほうから見つけてくれることもあるそうです。こちらの3名様は、日本からゴルフバックをお持ちになっていました。
IMG_0239

【シェラトンプリンセスカイウラニホテル】
この日最後のホテルは、シェラトンプリンセスカイウラニホテルでした。ここは正面の玄関の車を付けるスペースが狭く、常に車が流れていないと車の出入りができない状態になりやすい場所です。お迎え場所は正面玄関ですが、まだお見えになっていなかったようで、菅谷はフロントデスクのほうまで探しに行ったりしていました。
IMG_0262b

そうこうしているうちに、ホテルのベルボーイに「車をぐるっと回して、後ろのミニバスに場所を譲りなさい」というようなことを言われます。やむを得ずぐるっと回って正面につけようとしましたら、今度はそのミニバスがお客様を探しているようで、菅谷のバンが駐車できなくなってしまいました。バンの中でミニバスが動くまで待つことしばし。ようやく再び正面玄関に停めることができますが、菅谷は念のため、前日の予約再確認の時にお預かりしていたお客様のお部屋に、確認の電話を入れようとしています。時間や場所を勘違いされていることもありますし、お部屋にいなければ必ずどこかでお待ちのはずってことですから、、。時には、お迎え場所付近の喫煙所を見に行くこともあるそうです。しかし、今回は電話を掛ける間もなくお客様がいらっしゃって、本日のツアー参加客全員が揃いました。
IMG_0277

朝のホテル玄関は、ゴルフだけでなく各種オプショナルツアーの送迎車であふれて、どこも混乱しています。ワイキキでは駐車スペースも狭く、次から次へと車がやってくるため、お迎え予定より早く行って車を停めて待つこともできないそうです。それにどこかで遅れてしまうと、それが後々まで響きますし、ホテルのお迎えは、ゴルフツアーとお客様が直に接する最初の場です。その第一印象を悪くしないためにも、時間には遅れないように、送迎ドライバーはできるだけのことをしていますが、お客様も、当日ゆとりを持ってお迎え場所に何事もなくお越しいただければ、、というのが、菅谷をはじめ送迎ドライバーの気持ちです。

マネージャー・トシから一言:


オプショナルツアーでは,ホテルを何軒も回ってから目的地に行くケースがほとんどです。ゴルフツアーも例外ではありません。カトウゴルフの場合には、一つのグループ内で数軒のホテルに分散して泊まっているような時を除いて、最高でも四軒程度に留めるようにしています。これを超える場合には、可能な限り別の車を用意しています。




それでも、他の人のホテルに寄るのはイヤというご希望に応えて、カトウゴルフでは比較的安価な貸切送迎も行っています。追加料金は一台$120からになりますが、四人なら一人当たり$30からの追加で、自分たちのホテルからゴルフ場へ直行ですし、帰りもホテルの順番を待たなくて済みます。

さて、参加者全員が揃ったところで、あとはハワイカイのゴルフ場まで直行です。菅谷によれば、ゴルフツアー会社の中には、いくつものコースでプレイする参加者を一台の車にまとめて、ホテルだけでなく、同じ方角のゴルフ場まで順々に回るところがあるそうです。これだと、目的のコースまで時間が掛かるばかりか、コースによってはクラブハウスで降ろされて、あとは勝手にやってちょうだいというような感じになるそうで、戸惑う人も多いとか。

カトウゴルフツアーでは、同乗者は皆さん同じゴルフ場に向かいます。行きの車内で、別々のグループ同士が意気投合してしまうこともあるそうです。それに、前回紹介のように、レンタルのゴルフバックも積み込んでいますから、ゴルフショップに立寄る必要もありません。なんと言っても旅は時間が貴重ですものね。その大切な時間をゴルフに集中できるように、このような方法を取っています。

ともあれ、これでゴルフ場に向けて出発です。

0 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索