マカハバレーCC 花ごよみ #4-6

 マカハバレー・カントリークラブでは、各ホールに花の名前が付いていて、その花を楽しみながらプレーできます。ティにある木彫りのゴルフコースのレイアウトに、そのホールの花の名前と絵も描かれています。ハワイとはいえ、一年中どの花も見ることができるわけでもなく、時期によって咲いている花が異なります。
今回は、3月上旬の#4ホールから#6ホールまでを紹介します。
#4 #5


 【3番から4番】へは、トンネルを抜けます。マカハバレーカントリークラブの中を、道路(Maunaolu street)が通っているからです。トンネルの手前にはオレンジ色のベニデマリ(Ixora coccinea)の花、トンネルを抜けるとブーゲンビリア(Bougainvillea)が待っていました。なんだか、おとぎ話のようでしょ。
IMG_0313 IMG_0331

 ちなみにこのMaunaolu st.は、カネアキ・ヘイアウ(Kaneaki Heiau)にたどり付けます。プライベートの場所なので、入り口でドライバーライセンスや車の保険証などを提示して、車の進入が許可されます。ヘイアウとは、石で積みあげた古代の寺院のことです。この他、市の管理下のものでは、ウルポへイアウやケアイワヘイアウなどがオアフ島にはあります。

 【4番ホール】は、キアベツリー。ハワイ語がKiaweで、一般的には、アルガロボ(Algaroba tree)と言う木です。小さな薄い黄色のブラシのような花を咲かせていました。ちょっと見は頼りない木に見えますが、砂漠でも頑張って生きることのできる強い木だそうですよ。
IMG_0353

 【5番ホール】は、オクトパスツリー(ブラッサイア)(Schefflera actinophylla)。別名アンブレラツリーとも呼ばれています。今は、あまり咲いていませんでした。そのかわりティのすぐ横が家が立ち並び、その生垣のブーゲンビリア(Bougainvillea)のカラフルなこと。家を売り出しているようで、看板もゴルフコース内に出ていました。こんなところに住めたら毎日ゴルフをすることでしょうね。

#6
 【6番ホール】は、ココナッツツリー(Coconut)。背の高いやしの木が抜けるような青い空へ、いかにもハワイです。
このコース全般でよく目にしたのは、アフリカンチューリップ(Spathodea campanulata)の木です。こんもりとした葉に覆われた木の上に赤い&オレンジ色を混ぜあわした色の花が沢山咲いています。アフリカンチューリップ(右下)も今(3月はじめ)が旬です。ちょうどこの時間帯(9:30頃)には太陽がサンサンと降り注ぎ、すごく気持ちよかったです。
IMG_0402 IMG_0436

  このあとも7番ホールへと続きます。

0 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索