マカハへの道すがら1

  ゴルフのことを勉強し始めた新米のスタッフKが、タートルベイの次に命じられた取材先は、マカハヴァレー・カントリークラブでした。
IMG_0717

マカハヴァレー・カントリークラブ(通称 マカハイースト)は、ワイキキから西に向かって車で約1時間。西海岸方面は、オアフ島の中でもいつもよい天気。ワイキキが雨でも、こちらはたいていピーカンに晴れています。

  ホノルルからはオアフ島の大動脈、H1フリーウェイ(Interstate H-1)をしばらく走り、カポレイの近くで一般道に切り替わった先から、左手に海を見ながらの海岸沿いを走り抜けます。海沿いになってからの途中にあるナナクリ(Nanakuli)には、元大関の小錦,KONISHIKIさんの家もありますよ。道路沿いなので車窓からも家のゲートが見えます。以前TV番組のサムチョイさんのクッキングショウがお庭からありましたが、とても素敵なところでした。

  ずっと左に続く海岸沿いには、沢山のビーチパークがあります。最近市政府の計画でそれぞれの公園のトイレや駐車場をきれいにし始めました。Nani Kai Beach Parkは、すっかりきれいなって以前の姿を忘れてしまうほどです。ピクニックテーブルもトイレももちろん看板もきれいです。

  そして、ワイアナエ・ネイバーフッド・コミュニティー・センター(Waianae Neighborhood Community Center)には、ハワイ出身のミュージシャン,通称イズ(IZ=Israel Kamakawiwo’ole=イズラエル・カマカヴィヴォオレ)の像もあり、車窓からも注意深く見ていると見つけられると思います。ハワイでは、とても有名な歌手でした。今でもホテル、ショッピングセンター、レストランなどいろいろなところで彼の歌声が聞こえてきますよ。像よりもっと大きな方のようでしたが、歌声はとても優しく心に響きます。
IZ

  その斜め向かいにワイアナエ・ボートハーバーがあります。ここからは、ドルフィン・ウォッチング・ツアーの船が出るところでもあります。もちろんツアーに参加するとイルカの近くまで行って見ることができるのですが、運がよければ、陸からでも見えますよ。スピナーズ・ドルフィン(Spinner Dolphin=ハシナガイルカ)がジャンプしたり、群れをなして移動している背びれが見えたりと、、。時々通り沿いにカメラを持っている人がいたら、、その先には、イルカがいるかもしれませんよ。

  ということで、目指すマカハまで一回では到着できませんでした(笑)。マカハまでの道のりは、そんなに遠いのかと思われるかもしれませんが、そうではなく、逆にそれだけ見所があるということなんです。つづく。
IMG_0927

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索