プロアマ観戦記3 アニカ・ソレンスタム登場

はじめまして、新米のスタッフKです。
ゴルフのことは素人なので、これからハワイのゴルフを少しずつ勉強していきますね。
今回、いきなりタートルベイのアーノルド・パーマー・コースでトーナメント取材を命じられました。
まだ見ぬ華やかな世界!
驚きと感動の2008年SBSオープン,プロアマ大会の観戦記の続編です。

 アニカ・ソレンスタムさん(Annika SxJ囃enstam)が登場です。10番ティは、11:10でした。1番ティ・スタートが8:30でしたので、2時間40分でハーフを回ってきたようです。10番ティでちょっと休憩。薄いサンドイッチを食べていましたよ。オレンジも、手にしましたけど食べませんでした。全米ツアー67勝しているプレイヤーです。遠くからでもプロだとわかる風貌。でも初めて見る人には、誰が誰だかわかりませんよね。ましてサングラスも帽子もかぶっていますから、、。それでもキャディさんは、ベストを着ていて、その背中にプレイヤーの名前が記されているので、わかりやすいです。

また、見学する際は、携帯電話も音が出ないように設定やゴルファーの近くでは、静かにすること、ロープの中に入らないことがお約束です。ちょうど10番ティの見学者のところには、小さいけれど野球場のような段々になっている椅子があって、20人ぐらいは座れます。真後ろ見学できるので、そのスイングの様子が目の当たりです。人の頭で見えないこともなく、とても見やすかったです。アニカ・ソレンスタムさんが打った時やプロの方が打つと皆さん拍手。終わった後は、音を立てても大丈夫です。
IMG_0239

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索