プロアマ観戦記2 お供え餅!?

はじめまして、新米のスタッフKです。
ゴルフのことは素人なので、これからハワイのゴルフを少しずつ勉強していきますね。
今回、いきなりタートルベイのアーノルド・パーマー・コースでトーナメント取材を命じられました。
まだ見ぬ華やかな世界!
驚きと感動の2008年SBSオープン,プロアマ大会の観戦記の続編です。

今日、プロアマを見学する為の入場料は$10.00で、プロショップ近くの駐車場からシャトルバスでコースまで送ってくれました。バスと言っても乗用車のバンで、行き帰りとも全然待たずにすぐに発車してくれました。何台もあるようです。

到着場所には、テントがあってスタッフが笑顔で迎えてくれて、とても素敵なパンフレットを無料で頂きました。そこでタイムスケジュールももらう事が出来ます。朝7:00から10分毎にスタートで8:50まで。午後は11:40~13:10でやはり10分毎です。タイムスケジュールの見方も初めてで、マネージャYに教わりました。7:00~スタートが2組あって、これは、1番ティからスタートする組と10番ティからする組があるのです。
IMG_0191

シャトル・バンが到着する場所も1番ティと10番ティの間でした。ここにいれば、全ての組を見ることができるのです。同時にスタートする組がありますけど、1番ティから10番ティまで走っていけば、大丈夫。そんな風にして見学できます。

その1番ティと10番ティの近くには、パットの練習と打ちっぱなしの練習場もありました。カラフルなゴルフウエアを着た人たちが沢山いました。パットの練習場に集まった皆さん、まるでピクニックのように座っていてなんだかとても楽しそうにも見えました。打ちっぱなしのほうでは、ゴルフボールをお供え餅のようにきれいに積み上げてスタッフの方々がゴルファーに渡していました。
#2
カゴのボールしか見たことない私にとって、とてもよいおもてなしだなって思いました。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索