無料ボトル水は、どこでもらえる? (番外編)

ゴルフツアー送迎ドライバーのRikaです。

私も、ペットボトル水の無料サービスがあるゴルフコースを見つけました!
IMG_3211b

先輩の分類から言えば、
冷えたボトルドウォーターがカート備付の氷入りクーラーボックスに入っています。

ですが、ここ、ロゴでお気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが、
そうそう簡単にはプレイできないメンバーコースの
続きを読む » 無料ボトル水は、どこでもらえる? (番外編)

無料ボトル水は、どこでもらえる? (ハワイ プリンスGC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

2017年春の時点で、
ペットボトル水の無料サービスがあるゴルフコース紹介も、これで最後。

ハワイ プリンス ゴルフクラブです。
DSC_2918

実は、このコースでのサービスは最近になって復活したのでした。
以前まであったものが一度中断され、それが復活していたのです。

冷えたボトルドウォーターが各ゴルフカートに二本ずつ、
カート備付の氷入りクーラーボックスに入っています。
DSC_2919b

続きを読む » 無料ボトル水は、どこでもらえる? (ハワイ プリンスGC編)

氷入りクーラーボックス備付ゴルフカートのあるゴルフ場

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

無料でボトル水のサービスがあるゴルフ場を紹介してきましたが、
一回お休みして、水のサービスはないけど、
ゴルフカートにクーラーボックスが備え付けられているコースを、
見ていきます。

前回までに紹介してきたコオリナGC、エバ ビーチGCのほかには、
次回ご紹介予定の無料でボトル水のサービスがある某コース、
それに、カポレイGC、ワイケレCC、タートルベイなどです。

もちろん、氷入りですので、しばらくは冷やしておけますが、
ドリンクなどは持ち込まずに、ゴルフ場で購入してくださいね。

カポレイ ゴルフクラブのゴルフカート
IMG_8978b
座席の後ろ、ゴルフバッグを立てかけるラックの左右に、
それぞれクラブウォッシャー(左側)とクーラーボックス(右側)があります。

クーラーボックスには氷だけで他には何も入っていません。
IMG_8983-4

続きを読む » 氷入りクーラーボックス備付ゴルフカートのあるゴルフ場

無料ボトル水は、どこでもらえる? (エバ ビーチGC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

無料でボトル水のサービスがあるゴルフ場紹介、
今回はエバ ビーチ ゴルフクラブです。
DSC_2149b

ここでは、クラブハウス内のプロショップで受取り。
DSC_2111b

冷蔵庫ではなく室内に保管されているため、冷たくないです。水滴も付きません。
続きを読む » 無料ボトル水は、どこでもらえる? (エバ ビーチGC編)

コオリナGCでゲットできる無料グッズ類

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

無料でボトル水のサービスがあるゴルフ場紹介も、いよいよ大御所の登場となりました。
2017年も4月にロッテ選手権が開催される、コオリナ ゴルフクラブです。

オアフ島きってのリゾートコースなんだから、あって当たり前、
と思われたかもしれません。
でも、コオリナGCと並び評される他のコースには、意外にこの手のサービスは、なかったります。

日本からの観光客がコオリナGCでプレーされると、
もれなくもらえる(はずの)グッズ類を、ゴルフカートの座席に並べてみました。
IMG_0467b

ボトルドウォーターは基本的に一カートに二本、
それにカップまでついてきて、プレイ後には持ち帰れるのが、他にはない特典でしょう。

これらは、最初からゴルフカートにセッティングされていますので、
何処かに取りに行ったり何かと引き換えるなどの手間はありません。

更に、うれしいことにカートには氷入りのクーラーボックスが。
ここに無料のボトル水が入っています。
IMG_9024-38-40

これは、今回ここまで紹介してきたゴルフコースには無かった装備です。
このようなクーラーボックス付きゴルフカートのあるところも、実は少数派。
続きを読む » コオリナGCでゲットできる無料グッズ類

無料ボトル水は、どこでもらえる? (コーラル クリークGC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。
無料サービスがあるボトルドウォーターの話も、三コース目になりました。

先日も、ゴルフ場内全体にWifiエリアを張り巡らせたと話題になった、
コーラル クリーク ゴルフコースです。
DSC_2672b

車寄せからクラブハウスに足を踏み入れてみると、
左右にドアがあります。

まずは、チェックインが必要なので、向かって右手のドアから
プロショップへ。
DSC_2843+57

ここで、ボトル水の無料引換券を受け取ります。
続きを読む » 無料ボトル水は、どこでもらえる? (コーラル クリークGC編)

無料のペットボトル水は、どこでもらえる? (パールCC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。
一部のゴルフ場で無料サービスがあるボトルドウォーターの話を続けます。

前回、ミリラニGCにペットボトル一本無料のサービスがあると案内して、
オアフ島ゴルフコースは何処でも同様のサービスがあるのではないかと
誤解されているかもしれませんので、念のため付け加えておきますと、
水を無料で付けているゴルフコースは意外に少数です。
日本人観光客が良く行かれるゴルフ場の半分ぐらいでしょう。

ワイキキから近いパール カントリークラブは、その半分位の中に入っています。
DSC_2091b

でも、ここではゴルフカートに水は置いていません。
セルフサービスで取りに行く必要があります。

ハワイのゴルフ場にしては珍しく、
プレーヤー全員の名前を記帳する必要があるパールCCのプロショップ。

ここでは、観光客のプレーヤーに、五本のティーと二つのマーカーが入った
小袋をチェックインの際に手渡されます。
DSC_2087b

その際に一緒に渡されるのが、これ。
続きを読む » 無料のペットボトル水は、どこでもらえる? (パールCC編)

無料のペットボトル水は、どこでもらえる? (ミリラニGC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

日本ほど季節感のないハワイですが、
日に日に日が長くなり、朝晩の肌寒い日が少なくなり、
日中は暑い日が多くなってきて、夏が間近なことを実感している
今日このごろです。

ゴルフされる際には、日射しがなくても気温は高いことが多いので、
プレー中の水分補給は欠かせません。

ということで、ゴルフ場でのペットボトルの水についてです。

こちらでは、ペットボトルに入った水を、
ボトルドウォーター(bottled water)と呼んでいます。
売店などで購入される際の、ご参考まで。

このボトルドウォーター、標準サイズのいわゆる500ml(ミリリットル)、
米国では16.9oz(オンス)などと表示されているタイプは、
市中なら一ドル前後で買うことが出来ます。

しかし、ゴルフ場の売店などですと輸送費などがかさむのでしょうか、
二ドル以上してしまうことが多いです。

じゃあ、事前にABCストアなどで買っていけばいいか、
ということになりがちですが、

実はゴルフ場でも飲食物の持込は原則禁止なのです。

レストランなどと同じ考えなのですね。
先日も、旅行会社の添乗員さんらしきかたが、ダンボールいっぱいに
詰めて持ち込んだボトルドウォーターをゴルフカートに積み込もうと
したところ、ゴルフ場のスタッフから注意されていました。

なんだかなぁ~、と思われるかもしれませんが、
ちょっとだけいい話もあります。

オアフ島ゴルフ場の中にも、一人一本だけですが、ボトルドウォーターを
スタート前に無料で配布しているところもあるのです。

そこで、調査してきました。
前置きが随分と長くなりましたが、
これでタイトルの意味も通じてくるかと思います。

第一弾は、ミリラニ ゴルフクラブ。

ミリラニGCと言えば、オアフ島で安くゴルフしたいときに
必ずといっていいほど名前が挙がってくるゴルフ場です。
DSC_2808

ここでは、予めゴルフカートにボトルドウォーターがセットされています。
続きを読む » 無料のペットボトル水は、どこでもらえる? (ミリラニGC編)

カポレイGCのレンタルクラブ(2017年版)

ゴルフツアー送迎ドライバーのRikaです。

カポレイGC(Kapolei Golf Club)のレンタルクラブが、2017年 2月15日から一新されたということで、写真とともにお知らせします。
DSC_2697-70

男女ともにタイトリスト(Titleist)は変わりません。
ドライバーとフェアウェイウッド Titleist 917
ハイブリッド 816 H2
アイアン 2017 716 Ap1
ウェッジ Vokey Wedges
パター Scotty Cameron

取材した2017年 2月中旬時点での在庫は、
男性用 右 Rシャフト 41セット、右 Sシャフト 10セット、左 Rシャフト 2セット
女性用 右 15セット、左 1セット。

カポレイGCでは、自分のゴルフクラブか、カポレイGCが貸出すレンタルクラブの、いずれかのみ使用可能です。いわゆるゴルフツアー会社などが独自に貸出ししているレンタルクラブ持込が禁じられているため、足りなくならないよう他コースよりも多めに用意されています。

いずれもレンタル料は2017年 2月現在でUS$65税別(税込US$68.06)です。
これも、オアフ島ではタートルベイと並んで高額なほうですね。

レディースのドライバー
DSC_2711-2
続きを読む » カポレイGCのレンタルクラブ(2017年版)

コーラル クリークGCではスマホをお忘れなく

ゴルフツアー送迎ドライバーのRikaです。

コーラル クリークGCでは昨年2016年の12月に、それまでゴルフカートに備え付けられていたGPSナビシステムが、業者との契約切れにより撤去されると通知されていました。

しかし、年末年始を過ぎても、GPSナビはカートに残ったままで使える状態が続き、さすがはハワイ (^_^;) という有様でしたが、それも今年2017年1月19日までになくなりました。

キャディーさんのいないハワイのゴルフ場で、GPSナビゲーション・システムがあると重宝する、日本からの観光客のかたは、よくおっしゃっているので、これは時代に逆行するのではないかと思っておりましたが、実は、ちゃんと考えがあってのことだったようです。

それは、コース内に無線LAN網(WIFI)を張り巡らせて、各自のスマホでヤーデージなどを測ってもらおうというものでした。

そう、こちらでも何度か紹介されている、GPSナビゲーションのアプリ利用です。
アプリの使用にはデータ通信が必要で、通信料が気になるところでしょう。海外でのデータローミングサービスも、定額のものが登場して久しいようですが、それでも結構な金額だそうです。しかも、ホテルやレストランにWIFIのホットスポットがあるのは当たり前となったご時世、ゴルフ場でもWIFIが無料で使えれば、ローミングをオフにしておくことが出来るかもしれませんね。

DSC_2682b

IMG_2137_80/1

ちょっとWIFIの電波が弱いかな、という場所もコース内にありましたが、ゴルフGPSナビのアプリぐらいなら大丈夫でしょう。

いや~、でもスマホは使わない、ゴルフ場には持っていかないし~というかたに、従来からのヤーデージやピンポジ確認方法も、紹介しておきましょう。

続きを読む » コーラル クリークGCではスマホをお忘れなく

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索